toggle

水田抑草対策原理

  1. 水田表層に「農産発酵こつぶっこ」の分解により「強還元層」を作る。
  2. 「農産発酵こつぶっこ」水田抑草対策のポイント
  3. 実際の様子
  4. 水田抑草対策のその他ポイント
  5. 秋処理
  6. 銀メッキ棒による水田の硫化水素発生量のチェック
  7. ガス沸き、藻の発生時の対策
  8. 春の準備
  9. 代掻き
  10. 育苗
  11. 田植え
  12. 追肥

1、水田表層に「農産発酵こつぶっこ」の分解による「強還元層」を作る。

  • 強還元層とはドブの底の酸欠状態でできる真っ黒く臭い層。
  • 表層施用のこつぶっこ分解により、表層だけ「還元状態」を作り、表層の浅い部分の草の発芽を抑制する。
  • 雑草の発芽が早いか、強還元層が出来るのが早いかが勝負!
  • 水田表層5~10mmから大半の雑草は発芽するので、「強還元層」ができれば、雑草は発芽または生育できない。

2、「農産発酵こつぶっこ」水田抑草のポイント

  1. 田植え直後に「農産発酵こつぶっこ」を60㎏/10a表層施用
  2. 「強還元層」を作るには、田植え後、7~10日間の深水管理が重要!
  3. 上記の期間は毎日水田に行き「溜水管理」をしっかり行う。

↑こつぶっこの分解により、田んぼ表層を酸欠状態にする。
  • 水管理は減った分だけ、そっと継ぎ足し、プールの様に「溜水管理」を行う。
  • 農産発酵こつぶっこ」の分解で水中の酸素が消耗し、酸欠を起すことで「強還元層」ができあがる。
  • 雑草種子の大半は土の表層5~10mmから発芽するため、「強還元層」ができれば雑草は発芽できにくく、根も障害を受けるため生育できない。
  • 稲の根は「強還元層」の下にあるので影響は受けない。

3、実際の様子

農産発酵こつぶっこから速効性の水溶性アミノ酸が溶けだしている様子。
  • 米糠除草が失敗するのは、米ぬかの分解が遅く、還元層ができないうちに、雑草が発芽し、米ぬかを栄養とするため。(米ぬかの場合は150㎏以上/10a の施用が必要)

水が濁る(茶緑色)は土壌中に有機物が多く、微生物が多く繁殖している証拠。
  • 濁りが濃く、持続する圃場は成功率が高い。【有機物・微生物が多い土づくり】
  • 田の様子をみて濁りが薄い場合は「農産発酵こつぶっこ」を7~10日後に20~40㎏ / 10a 追加する。(寒冷地は必須となります)

強還元層のトロトロ層。このトロトロ層によって草が発芽しにくい環境を作ります。草が茶色く腐っている様子。
「農産発酵こつぶっこ」での抑草対策は土づくりが進みエラミミズの発生などで年々効果が高まっていきます。

4、水田抑草対策のその他ポイント

(1)田植え直後にまかないと雑草の肥料に!

田植え直後、農産発酵こつぶっこを使用しますが、雑草が発芽してからの施用では、雑草に肥料を与えてしまう事になるので逆効果です。こつぶっこの分解が早いか、雑草の発芽が早いかが決め手になりますので、田植え直後に施用することがポイントです。

(2)水持ち悪いと抑草できないし、肥料も抜けていく!

こつぶっこは水溶性成分が多いため、水持ちの良い田で抑草対策を実践して下さい。水持ちが悪い田では成分が流れ出てしまいますので、抑草効果も肥料効果も流れてしまい効果は期待できません。

(3)肥沃な土づくりが抑草につながる!

腐植質が多い肥沃な土壌であれば、土壌に有用微生物が多いためこつぶっこの分解も早く、抑草効果も高くなります。こつぶっこの抑草対策は「圃場づくり」(漏水対策・均平など)、「土づくり」が基本です。良い水田作りが進めば、抑草も進み、品質収量ともに充実していきます。

農産発酵こつぶっこの抑草対策のまと

  1. 田植え直後出来るだけ早く)も施用する。
  2. 水管理をしっかり行う。(5㎝以下には絶対にしない。「強還元層」を作るには酸欠が絶対条件。田植え後の7~10日間は水が減った分だけ継ぎ足す「継足溜水管理」を行う。
  3. 寒冷地では分解が遅いため、田植え直後に60㎏、田植え1週間後に40㎏施用する。

続き→

固定ページ: 1 2 3