toggle

土づくり

 作物がすくすく育つ土は人工的に簡易に作り出せるものではないと思います。
腐植や有機栄養、ミネラルなどが元ととなり、様々な微生物や小動物などの生物が豊かに育くまれ、時間をかけて徐々に出来上がってきます。人間の努力と自然の力が合わさって、少しずつ出来上がります。有機栄養、腐植やミネラルも微生物も小動物も全てが絶妙なバランスの構成要素です。
 バランスがとれた土では病害虫の被害も少なくなり、品質の良い農作物が安定して育ちます。このバランスを作り上げるにはとても苦労しますが、いとも簡単に壊れてしまいます。
遺伝子組換肥料やそれらを餌とした畜産堆肥、鶏糞、汚泥肥料、化学肥料などは直ぐにバランスを崩し、油虫をはじめ様々な病害虫が発生してしまいす。
腐植の増加は保肥力(CEC)を高めるだけでなく、土を団粒化させ排水や保水、通気性を高め、土そのもののエネルギ-を向上いたします。